とりあえず書きますブログ

京都大学卒コンサルタントのブログ

デジタルビジネスの考え方(組織構築)

世の中みんながデジタル、デジタル、デジタル事業を作りたい、と言っている中で、実際にそれに成功している企業は少ないものです。特に、出自がデジタルである企業(FacebookGoogle,Amazonなどのような企業)以外がデジタルビジネスで成功するのはとてもハードルが高いように見えます

 

デジタルビジネス立ち上げの論点

デジタルビジネスを立ち上げる事を考えたときにどのような論点があるのか?

まず、大上段では以下の4つがポイントになってきます。

  1. 技術
    どのような技術が必要?どうやって開発、獲得する?
  2. ビジネスモデル
    どのようなビジネスモデルを構築するのか?するべきか?ケイパビリティ
  3. ケイパビリティ
    デジタルビジネスを構築するうえで必要なケイパビリティは?どうやって獲得する?
  4. 組織構築
    デジタルビジネスを推進するうえで最適な組織は?

組織構築に関する示唆

以下は、これまでのインターネットビジネス等に関わった経験を踏まえた、組織構築に関する示唆です。

  1. スモールチーム重視
    ・デジタルビジネスの推進に当たっては、スモールチーム。Amazonのベゾスの言うところの「ピザ2枚分」の人数。
    ・デジタルビジネスにおいては、人数の多さが事業のスケーラビリティに大きくは寄与しない(特に初期)
    ・それよりも、少人数でエッジの効いたプロダクトをリーンに開発し、プロダクトを進化させていくことが重要
  2. 現場への権限委譲
    ・デジタルビジネスにおいては、ストラクチャーでのトップダウンでの事業開発との相性が悪い
    ・変化が激しすぎて、現場の情報をトップまで伝達し、トップレイヤーで分析・意思決定する時間がない
    ・「トライ」するコストが大きく低減したため、現場に権限を委譲し、高速でPDCAを回した方が得
  3. 「正しさ」よりも「楽しさ」
    ・製造業においては、コモディティ化が進展。あらゆるものがすぐに陳腐になるため、「感性による差別化」が必要。論理性よりも、過去の経験を含め、統合的に考えること、直観を大切にすることが有効
    ・「腹落ち感」を高め、従業員が自分事として事業に参加できるように。少人数チームでは、一人一人のコミットメントが重要
    ・「楽しさ」により、組織の人材獲得力も向上
  4. 出島制度の活用
    ・人間とその感情と慣習の集合体である組織は急に変われない
    ・慧眼あるリーダーとともに、少数の出島組織を作る。そこで、デジタルビジネスに最適な人事制度設計を実施
    ・ビジネス拡大とともに、組織を拡大。本体からも適宜、人を異動させ、会社単位のデジタルケイパビリティを高める

 

 

 

コンサルタントとしてのKPI

コンサルタントの成果発表

コンサルタントの成果発表の場は、ミーティングです。それが、クライアントとのものであれ、社内のものであれ、コンサルタントが評価される場はミーティングの場でしか無い。もちろん、パワーポイントも納品後にクライアント内で出回り、バリューとなることもあるが、そのパワーポイントも客の最終報告の為のマテリアルで、納品後の社内伝播での価値創出は副次効果である。

ミーティングでの自身が発揮した価値こと、コンサルタントがスティックすべきものだ。

 

社内ミーティングの振り返り

クライアントとのミーティングであれば、クライアントの納得度合いもリアルに分かるし、「本番」という感じが強いので自身での振り返りの機会を持ちやすい。

一方で、社内ミーティングは油断をすると万全と過ごしがちになる。特に、関係性ができた上司とのものであればなおさら。

そこで、最近は、社内ミーティング毎に振り返りを行うことを自分の中で強制している。特に、振り返るべきKPIとして、ホワイトボードのマーカーを持って、自身でホワイトボードになにかを書いて説明したり、議論をリードできたかを必ず確認している。

ホワイトボードを使うことが議論をリードすることだし、そのためには事前に自分の中でプロジェクトの論点や仮説、今後の進め方を考えて置かなければならない。

野村克也の正しい努力

プロ野球 野村克也監督の「なぜか結果を出す人の理由」を読んだ。書籍を通して、努力を通して、如何に才能以上の活躍をするかが語られている。

それは、監督として関わったヤクルト、阪神楽天の選手の話しであり、また、田舎から無名のテスト生だった自身の話しでもある。

 

人格的な成熟の必要性

本書は「なぜ、マー君は負けないのか?」で始まる。野村氏いわく、マー君の普段の野球に対する真摯な態度や検挙な姿勢が、チームメイトをしてマー君の試合での踏ん張りに繋がるそうだ。

マー君は野球選手として高い意識を持っているだけでなく、「人としてこうありたい」という高い理想を持っている。そこが並の選手で終わるか一流の選手になるかという最初の分かれ目だ

 欠点を克服する重要性

欠点には長所の良さを消してしまうものがある。そういう短所は必ず克服すべきだというのが氏の考え方。私もこの考え方に賛成で、成果を上げる際になにかの欠点がボトルネックになっていることは良くあると思う。

例えば、良い思考力を持っている人も、コミュニケーションの部分、人への伝え方が下手で損をしている様なケース。この様なケースではいくら思考力を磨いても、コミュニケーションの部分で人に伝わらないので、結局、生産生は上がらない。

「長所を伸ばすためには短所を鍛えろ」と私は考えている(現役時代、カーブが苦手で、ストレートが打つのが得意という長所が消えてしまった。あらゆる努力でカーブを克服することで、三冠王を獲得することができた)

 考えること、ノートを取ること

野村氏はプロ野球選手になったときから常にノートを持ち歩き気づいたことをメモしているそうだ。私も最近コクヨのCampusノート(正方形マス目)を持ち歩き、空き時間にチャートを書いたり考え事をしているが、本当に有用だと感じる。人は日々いろんな事を考えており、その中には有用なものもあるので適宜メモるべき。また、

メモを持ち歩くことで、スキマ時間に意味のあること(自分の将来やタスクの分析等)を考えるようなった。

プロ野球選手になった日から引退する日まで、私は常に一冊のノートを持ち歩いていた。毎日、なにかしら気がついたことや勉強したことを日記の様に書き留めていた

知らないよりは知っていた方が良いし、考えないよりは考えた方が良い

 

<最近お気に入りのコクヨノート>

 

 

 

TOEFL Speakingの勉強の進捗

TOEFLのスピーキングの点数UPのために、E4TGに通っています。

少しづつですが、クラス中の採点スコアが上がってきたので、スコアアップに役立ちそうな勉強方法のメモ

  • E4TGクラス中の練習
    まず、E4TGのクラス中の練習、及びFBによって、話の組み立てやタイムマネジメントが自然に行える様に見についてきました。Independent問題に関しては、ネタのストックが増え、多くの具体例を話せる様になりました
  • シャドーイングによるListening力の向上
    最近始めた、テキストを見ながらのシャドーイングによって、Listening力(特に、一つ一つの音の聞き取り)が向上した様に感じます。Listening力の向上には、Donaldさんが言っているように、”テキストを見ながら”シャドーイングするのが最適だと思います。
  • オンライン英会話による英会話力の向上
    当初、TOEFL Speakingに関係しないからと、解約したオンライン英会話ですが再開しました。オンライン英会話で、様々なトピックについて話し、脳を刺激することで、英語がFluentに話せる様になったと思います。

TOEFL学習のPDCA(6月)

TOEFL100点超えするための、6月学習内容

Reading

  • 1日1題、中国TPOの過去問を解く
    (毎日30分程度)
  • 電車の中で、英単語の復習をする

Listening

  • Hackersの問題を解く。問題を解いた後、テキストを見ながら、シャドーイング
    (毎日30分程度)

Speaking

  • DMM英会話を毎日する
    英語で色々な話をする癖をつける
  • E4TGの復習を受講後、1週間以内に必ずする

Writing

  • Dr.WriteとE4TGのWritingコースの復習を定期的にする
  • E4TGのWritingコースで定期的に英作文を書く
    (毎日、どちらかを必ずする)

 

 

 

TOEFL Speaking勉強の為のメモ書き

TOEFL Speaking対策の為のメモ

結局、スピーキングの点数がTOEFLの最高点を決める

 

勉強の仕方

  • 勉強の教材はTOEFL TPOを使う(中国サイト経由)
  • 「1問1問、解く→自分の録音を聞く→4点の解答ができるまで練習する」を繰り返す

 

Speaking対策 その1 | Web TOEFL 葛山のTOEFL® TEST ブログ

発音

  • 特に、RとL、thサウンドに気をつける
  • その他、Ameriacan Aなど、自分の苦手な発音を意識して矯正する
  • 口を大きく動かす(英語は日本語より舌や口を動かして発音することが多い)

 

メモ書き

  • 主語、述語、目的語の順番にメモを取る。どれかをスキップする場合は、その分のスペースを空けておく。
  • スピーチ前の準備時間に、空白部分を埋める
  • 明らかに不必要なことは書かない(時間の無駄、読み返す時に見づらくなる)

 

Independent

  • 得意ネタを複数作る、暗記する(特に「何をしたか?」の部分)
  • 問題の意味を一瞬で理解できるようにする(集中して問題を読む)

 

Integrated

  • メモ取りが最重要。何度も練習する
  • Task3はReadingパートを時間以内に意味を理解して読み、かつメモを残せる様に練習する
  • Task4,6は生物、マーケティングに関して良く使う単語と文構造の使用に慣れる(S prevent O from ~ing等)

 

【TOEFL】2回目の受験

TOEFLの2回目の受験が終わった。

テスト会場

場所はテンプル大学5階のRM501

 

  • 前回もテンプル大学で受けたが、今回は一番端の部屋であった
  • 前回より部屋の作りが他の受験生を意識しにくく、集中できた
  • (皆が同じ方向を向いて対面に学生が居ない為)
  • また、受験生間の敷居も前回のよりしかっりした作りであった
  • 他の会場で受験したことが無いが、テンプル大学の受験会場は集中できる方なのではないだろうか

総括

1月から3ヶ月間で、100点を超えることを目標にTOEFLの勉強に励んだ

結果はさておき、総括である

 

Reading

 

 

  • Readingは単語力を増強し、例の単語帳のRank4まで手を出した(6割程度まで暗記終)
  • しかしながら、覚えても一定忘れるので、常に復習は必要
  • さらに、単語力を増やしても、定期的に英文を読み込まないと、読解力はあがらない
  • 満点を取るには、常日頃からの文章を読む習慣が必要

 

Listening
  • Hackerの問題集を一通りやり込むことで、リスニング力は上がったと感じる
  • 満点を取るためには、一部聞き取れない部分がある
  • こちらも継続的な訓練、及びそのための良質なマテリアルが必要
Speaking
  • テスト前の数日で過去問を練習することで感を取り戻し、たくさん話すことができた
  • しかしながら、早口たくさん話すと自分でも何を話しているか分からなくなる時がある
  • また、リスニングの聞き漏らしが発生することにより、話す内容が分からない箇所が1,2箇所あった
  • 来月は、ET4Gに通ってみる
Writing
  • Dr.writeの添削により、要領は分かってきた
  • ただし、型にハマって練習しすぎているため、テンプレに合わない問題が出たことにより対処に困った
  • Dr,Write用に定期的にエッセイを仕上げることで、ライティング力を維持したい