とりあえず書きますブログ

京都大学⇒IT業界プロデューサー⇒戦略コンサルタント

可愛げとはなにか?(ビジネスにおける人間関係の一考)

ビジネスで功を成すために、社会でうまく立ち回るために「可愛げ」が必要、という話しがあります。
 
この「可愛げ」とは、何なのでしょうか?
 
IT系の会社でどちらかと言えば、無表情な人が多い環境で生活しているため、身の周りに「可愛げ」のある人は少な目です。
 
Wikipediaによると
可愛げの語源は、「かほはゆし(顔映ゆし)」で
「相手がまばゆいほどに優れていて、顔向けしにくい」
 ↓
「正視しにくいが、放置しておけない」という意味になったのだそうです。 

可愛い - Wikipedia

確かにこのアンビバレントな感覚は、「可愛げ」を表現するために必須な気がします。
  • 懐には入ってくるし、下手にでられる
  • でも、本人は趣ぶかく、知性やバイタリティなどの生存能力は兼ね備えている
男どうしで感じる「可愛げ」はこのような感じではないでしょうか。
 
そして、恋愛関係でもこの可愛げというのは、アンビバレントが存在する、
すなわち、良く言われるギャップが存在する、ということでしょう。
 
趣深さと、バイタリティは一人の時間の自己研鑽でしょう。
そして、そのほんのちょっとの自己研鑽にレバレッジを効かせて、他人の懐に入りましょう
 
そして、経験を、他人の知恵を得ましょう。
それがまた、自身の趣深さを深める再投資になります。
 
そして、雪だるま式の「可愛げ」、えも言われぬ人間の魅力を身につけましょう。
まずは、
  • ほんのちょっとの自己投資。
  • そして、下からふっと他人の懐に入る、心の余裕。