読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず書きますブログ

京都大学⇒IT業界プロデューサー⇒戦略コンサルタント

TOEFL勉強法まとめ

2017年1月~3月まで集中的にTOEFLの勉強を集中して行ったので、効率的と思える勉強方法をまとめる。

 

Reading

  • 単語の暗記が大きなウェイトを占める
  • まずは、単語集を何度も見て、単語を覚える
  • 単語は日々忘れていくので、定期的に見直す時間を作る
  • オフィシャルの過去問題集2冊を一通り解く
  • 問題集で知らない単語があれば、調べてメモっておく。
    それらも定期的に見直す

Listening

  • まずは、TOEFLに出てくる会話、レクチャーの形式に慣れる
  • メモを単語単位で構造化して取る
    細かい点を質問で聞かれた際に思い出せる様に
  • 少し難易度が高いがHackersのテキストが良い
    (ただし、韓国語)
  • 隙間時間にHackersの音源をMP3プレーヤーに落としたものを聞く
  • 英語を聞き取る力が弱くならない様、隙間時間、寝る間際等を有効活用する

Speaking

  • オフィシャルの過去問題集で練習する
  • 同じ問題を繰り返し、練習して1分で綺麗に言い切る感覚を掴む
  • しばらく練習しないと、急激に衰えるので定期的に練習する
  • メモの書き取りは単語単位で書き取る
    文章レベルで書き取ると書いている間に次の話題に行ってしまい聞き取れない
  • 単語レベルで書きとったものを、準備時間中に文章にする
    その際、文章の前半から文章を作成する。
    (最初で躓いて時間が無くなるのを防ぐため)
  • 自分の発音の弱点を理解し、癖を無くすように練習する
  • 後半の問題は早く話さないと言い切れないので、序盤からスピーディーに話す
  • よく使う表現は覚えておく
    例)学生は良い成績を取るのがファーストプライオリティだ。教授に直接相談すれば良い等

Writing

  • 単語ミス、文法ミスを無くすことが最優先
    書きながら、単語ミスを確認する
  • その上で、曖昧な表現を避け、できるだけメティキュラスな文章を書く
  • 練習は、Dr.write等の添削サービスを利用して、自分の弱点をしりつつ、定期的な練習を行う
  • スペルを間違った単語はリストにして、見直す
    同じものをよく間違えるため