とりあえず書きますブログ

京都大学⇒IT業界プロデューサー⇒戦略コンサルタント

違和感の正体は徹底的に追求した方が良い理由

違和感を覚えるということ

日常生活で違和感を覚えることは良くある、と思う

「なんか違うと思うんだけどな」「うまく説明できないけど、腹落ちして納得することができないな」という感覚

 

このような時は、その感覚を放置してはいけない

なぜなら、そのような感覚の中にこそ、本当に大事な気づきや大切な自分の価値観が含まれていることが多いからだ

 

違和感の正体は他者世界との間の摩擦

このような違和感の正体は、自分の価値観や考えと他者・世界との間の摩擦であるからだ

その摩擦が発生した力学関係を丁寧にひも解くことで、自分の価値観や思考の癖があぶり出されるのだ

 

それを、大切にするのか、それとも、違和感のきっかけとなった新しい体験にすりよわせる様に変更していくのかはケースバイケースだろう

 

でも、いずれにしろ、自分自身の現状の価値観や考え方の癖は深く理解しておいた方が、より良く生きられるだろう

 

「良く観える」ことは重要なことだ