読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず書きますブログ

京都大学⇒IT業界プロデューサー⇒戦略コンサルタント

キャリアの悩み方 -定期的な内省と思考の棚卸しの必要性-

今後のキャリアを考える上で、必要な情報を入手するために転職エージェントと面談を行った

最初は、自分にどのようなオポチュニティがあるかのカタログを入手しよう、くらいの考えで行ったのだが、改めて「自分が何をしたいのか?」を真剣に考える必要性があると感じた。

また、最初の就職、初めての転職でどのような意思決定を行い、その結果どうなって、次はどこに向かっているのか?を整理して、人に簡潔に伝えられるようにならないといけない

そして、その結果、捨てるべきものは捨てないといけない

キャリアは裏を返せば、自分が「捨ててきたもの」の一覧でもある

 

それらを整理することで、毎日、自分は仕事で何をなすべきなのか?どのような行動を取るべきなのか?が明確になり、濃密な時間を過ごすことができる

 

そして、日々の内省も必要だ

  • 自分の得意なことは何か?
  • 自分がやりたいことがあるとすれば、それは何故か?
  • 自分はこれまでどのような人間と関係性を持ち、どのような働きかけを行ったか

を定期的に棚卸をするのが有効だと思う