とりあえず書きますブログ

戦略コンセルの備忘録

コミュニケーション力を分解してみた

コミュニケーション力が重要だというのは、誰しも納得する話だと思います。職場であれ、学校であれ、私的な集まりであれ、コミュニケーション力があると、人と良い関係を構築し、楽しい時間を過ごすことができます。

それでは、このコミュニケーション力とは何を指しているのでしょうか。コミュニケーション力を自分なりに分解したいと思います。

 

感じが良い

まず、大前提として”感じが良い”ことが重要です。身の回りの人を思い浮かべればわかるとおり、人には感じの良い人と、あまり感じの良くない人がいます。この差は何でしょうか?

リラックスしている

感じの良い人はいつもリラックスしていて、表情が穏やかです。ニコニコしている人もいるでしょう。人はリラックスしていないと、筋肉が緊張して引きつった表情にしかなりません。したがって、いつもリラックスしていることは重要です

エネルギッシュである

エネルギッシュな人も、一緒に居たいと思わせる感じの良さがあります。エネルギッシュな人と一緒に居ると、自分もエネルギッシュになって得をするからです。エネルギッシュな人は、常に物事をポジティブな側面から捉え、無駄なエネルギーの消費をしていません。

他人への配慮がある

他人の心情にどれくらい配慮するのかも、人によって大きくことなります。他人に気配りをする人は、感じがよく、その人自身も尊敬され、周囲から大切に扱われます。

伝え方・聞き方がうまい

多くの人がコミュニケーション力というと、伝え方や聞き方がうまいという点を挙げると思います。伝え方は結論と理由が完結にまとめられており、意図が分かりやすい。聞き方は、相手が聞いてほしいと思っていること、聞くべきことを把握し、失礼な印象を与えずに聞き出せるかということです

自信がある

最後にコミュニケーションにおいて、自信があるということは核になる重要な要素です。自信もエネルギー同様に、他者に転移するので、自信を持っている人といると、その人も自信を持つことができます。

 

ミラーニューロンなどと言って、人は一緒に居る人の影響を多大に受けると言われます。それは意識的にしろ、無意識的にしろ、みな気づいていると思います。したがって、ポジティブに健全な自信をもった状態でいることが非常に重要だと改めて思います。